図書館司書の年収

図書館司書は高収入

 

図書館司書といえば公立図書館で働くイメージが強いもの。そのため公務員と同じような感覚を抱いている人も多いでしょう。

 

この厳しい経済状況の中、公務員といえば高給と安定した就業環境で人気の仕事です。ですから図書館司書も高収入だと思っている人も多いようです。

 

しかし実際には、図書館司書は決して高収入とはいえない仕事です。

 

もちろん、収入の高い・低いは主観的な判断ですから、人によって異なってきますが、少なくとも小学校の教諭や税務署の職員のように平均年収600〜700万円といった水準に達することはありません。

 

具体的な平均年収のデータはありませんが、300万円前後ではないかと言われています。

 

就業環境によって大きな差が

 

具体的なデータがないのは、図書館司書にはさまざまな就業環境が存在しているからです。

 

正規雇用だけでなく、派遣や委託、契約職員、さらにアルバイトなど多彩な形で雇用されるケースが多く、それぞれ年収に違いが出てくるのです。

 

非正規雇用の場合は時給換算で1000〜1500円程度といわれ、フルタイムで働いても年収は200万円程度となります。

 

また長期的な年収で考えるとボーナスの有無や昇給といった面でも正規・非正規の間に大きな差が見られます。

 

こうしてみると年収の面では厳しい面があるかもしれません。しかし正規雇用なら安定した就業環境が期待できますし、非正規の場合は家庭と両立させながら仕事をすることができます。

 

本が好きで本と関わる仕事をしたいという人にとっては年収に関わらず魅力的な仕事となるのではないでしょうか。

 

通信教育で資格取得を目指すならどこが良い?

図書館司書の資格1

ブラッシュアップ学び

図書館司書の資格2

個別挿入ボタン

実際に資料を請求してみました♪

図書館司書の資格3

個別挿入ボタン