図書館司書に求められるスキル

図書館司書に求められるスキルというのは、どのようなものがあるのでしょうか。図書館司書を目指すのであれば、どのようなスキルが必要となるのかをしっかりと把握しておきたいところです。

 

そこで、図書館司書に求められるスキルについて、ご紹介していこうと思います。

 

図書館司書に求められるスキルとは

図書館司書に求められるスキルと聞いて、どのようなものが思い浮かびますか?

 

やはり本を整理したりする仕事もありますので、整理整頓が出来るかどうかといったようなことを思い浮かべる人も多いかもしれません。当たり前の事のようですが、このスキルはかなり大切なものなのです。

 

図書館では、日々多くの本が貸し出され、返却されることになります。その本一冊ずつをしっかりと処理し、元の位置に戻したり、傷んでいる箇所はないかチェックしたりしなくてはなりません。

 

面倒くさがりな性格であったり、整理整頓が苦手であったり、細かいことは嫌いというような場合には、図書館司書として仕事をしていくことは難しいかもしれません。

 

また、コミュニケーションスキルも問われる事になります。図書館に訪れる人々との関わりは、避けて通れないものでもあります。

 

図書館を利用する方の年齢層や性別などは様々であり、その中で、利用者の方が求めている本や資料といったものを提供していかなくてはなりません。相手がどのようなものを探しているのかという事を察するために、会話や対応は必須となります。

 

そして、利用者の方の中には、図書館でのマナーをわきまえていない方もおられます。そのような方に対してどのように対応していくかというスキルも求められます。このスキルに関しては、図書館司書として働いていく中で少しずつ身につけていくことが出来るものでもあります。

 

図書館司書に求められるスキルは、これらの他にもたくさんあります。もちろん、本に対しての知識や確実に仕事をこなすスキルも求められることになります。

 

図書館司書として勤務しながら、このようなスキルを身につけ、最終的には利用する方が快適に過ごせるような図書館を作り上げていくためのスキルを身につけていくことが大切になります。