図書館司書とは

図書館で働く仕事が図書館司書です。公立図書館を日ごろから利用している人も多いでしょう。その一方、図書館司書はどのような仕事を行っているのかよくわからない人も少なくないようです。

 

図書館のカウンター業務をアルバイトが担当していることもよくあります。そのためアルバイトと司書の仕事内容の違いが見えにくい面もあります。

 

図書館司書とは、図書館の来館者が快適にサービスを利用できるよう、さまざまなサポートを行ったり、環境を整えるのがおもな仕事です。アルバイトとの違いはプロフェッショナルとしての知識と責任の重さでしょう。

 

たとえば蔵書の選定と発注。どのような書籍を図書館に揃えるのか、その権限と責任を担っているのが図書館司書なのです。

 

他にも、本の貸出・返却、本棚の整理、利用者が予約した本の手配、新刊のレビュー作成、レファレンス業務、イベントの企画・立案等など…図書館司書の仕事は非常に幅広く行われています。

 

図書館司書の資格

 

この図書館司書は誰にでもなれるわけではありません。特定の資格を取得し、図書館に採用される必要があるのです。

 

公共図書館、大学図書館、専門図書館、また正規雇用、非正規雇用(派遣社員やアルバイト)かによっても、それぞれ採用方法に違いがあります。一番馴染みの深い公共図書館であれば、地方公務員試験に合格し、身分上は地方公務員として働くことになります。

 

図書館司書の資格は、図書館法という法律によって定められた資格で、取得するためには所定の単位を習得する必要があります。

 

通常は図書館司書の課程が用意されている大学・短期大学で単位を履修していくことになりますが、大学卒業後に通信教育などで司書講習を集中的に受けて取得することも可能です。

 

このように、図書館司書は専門的な教育を受け、取得した資格のもとで相応しい知識とスキルを備えた人がなる仕事なのです。

 

図書館でイベントや特定のテーマに基づいた企画が行われていることもありますが、これらも図書館司書が企画・立案し準備して行われるものです。

 

見えないところでわたしたちの日常生活と密接に関わっているのです。

 

通信教育で資格取得を目指すならどこが良い?

図書館司書の資格1

ブラッシュアップ学び

図書館司書の資格2

個別挿入ボタン

実際に資料を請求してみました♪

図書館司書の資格3

個別挿入ボタン