図書館司書の給料

図書館司書の給料はどれぐらい?

 

図書館司書は安定した職業といわれます。公立図書館で働く司書はとくにそのイメージが強いようです。実際、地方公務員と同じ扱いと扱いとなるため、決して低い数字ではないと言われています。

 

ただ、世間一般の地方公務員に比べると決して高いとはいえない水準と言われています。給料は20〜30万円程度でしょうか。

 

雇用形態によっても給料は違ってくる

 

ただし、図書館司書の場合はどのような雇用形態かによって給料に大きな違いが出てきます。先ほど挙げた数字はあくまで全体の目安。雇用形態別に分けるとかなりの差が出てきます。

 

大きく分けると正規採用と委託職員の2種類があります。正規採用の場合は自治体の職員としての立場となるため、給料は自治体の職員とそれほどかわりない金額となります。

 

一方、委託職員の場合は非正規の形となり、月給では15万円前後が相場となります。また、昇給の面でも大きな差が設けられているため、正規雇用か非正規かが大きな分かれ目となります。

 

もうひとつ、スキルによっても給料は異なってきます。横並びのイメージもある図書館司書ですが、求められる仕事にどれだけ対応できるかで給料に違いが出てくるのです。

 

とくに近年ではパソコンのスキルが求められる傾向が見られます。ネットを通して書籍の予約を行うケースも増えていますし、蔵書の管理もすべてパソコンが使用されているからです。

 

このように、図書館司書の給料はまず雇用形態で、それからスキル・実績によって異なってきます。そのため平均の数字が出しにくい面があるのです。

 

通信教育で資格取得を目指すならどこが良い?

図書館司書の資格1

ブラッシュアップ学び

図書館司書の資格2

個別挿入ボタン

実際に資料を請求してみました♪

図書館司書の資格3

個別挿入ボタン