図書館司書の現状

図書館を巡る状況

 

図書館司書は安定した仕事というイメージがあります。公立図書館の場合はとくにそのイメージが強いようです。

 

つぶれる心配もありませんし、結果が求められることもありませんし、厳しい競争に晒されることもありません。

 

しかし、時代の流れに伴い、図書館の役割が変化しているため、それに対応した役割が求められています。

 

若年層の活字離れ、あるいは高齢者の生きがい探し。こうした社会問題ともいえるテーマに対して図書館が果たす役割に注目が集まっています。

 

これまでのように単に求められる書籍とサービスを提供するだけでは図書館は不十分になっているのです。

 

図書館司書の現状

 

そんな図書館を巡る状況に対応しなければならないのが図書館司書。そのため刻々と変化する時代の流れ、ニーズに対応したサービスの提供が求められている状況です。

 

よい本を紹介するべきか、それとも売れている本を紹介するべきか。読書の楽しみ、喜びを多くの人に伝えることが図書館あるいは図書館司書の重要な役割だけに、蔵書の選択にも難しさが伴います。

 

若年層向けにライトノベルやコミックを購入する図書館も増えていますが、高齢者を中心に批判の声を浴びるケースも見られます。

 

このように、すべての世代のニーズに応えつつ、拡大する図書館の役割をいかにして果たし続けるのか、図書館司書の現状は非常に難しく、しかしやりがいのある状況にあるといえます。

 

これから図書館司書を目指す人は将来的なビジョンも見据えながら仕事を行っていくことを念頭に入れておくことも必要でしょう。

 

通信教育で資格取得を目指すならどこが良い?

図書館司書の資格1

ブラッシュアップ学び

図書館司書の資格2

個別挿入ボタン

実際に資料を請求してみました♪

図書館司書の資格3

個別挿入ボタン