図書館づくり運動

日本に図書館が誕生してから、さまざまな改良・改善を重ね現在の図書館制度ができあがりました。これは図書館に人々が何を求めているのかという利用者の要望の中から形成されてきたといっても過言ではありません。

 

各地でたくさんの住民によって、図書館づくり運動が展開されてきた背景が、そのことをを物語っているとも言えるでしょう。

 

中には、「近くに図書館が欲しい」という要望から始まり、図書館で働く職員(=図書館司書)についての要望、地域の図書館整備計画を求める大きな運動があり、住民等の手によって事業構想が立案されたケースもあります。

 

また最近では、義務教育学校に専任の司書教諭を配置させ、学校図書館の本来の役割を取り戻し、子供たちの学びや本との関わりを豊かなものにしようと考える運動が盛んにおこなわれています。

 

具体的には、福島県で2万5千人分の署名を集めて、福島市立図書館に図書館司書を採用するシステムの導入を市長に約束させたり、これまで司書教諭がいなかった小中学校の図書館に専門の職員の配置をおこなったり、大きな影響を与えています。

 

こうした動きは全国各地でたくさん見られているのです。

 

素敵な図書館との出会い

素敵な図書館と出会うことで、人々の図書館に対する期待は高まります。反対に、サービスが満足でなかったり、求めている情報がなかったりといった場合、再びその図書館に通う機会はなくなってしまうでしょう。

 

たくさんの人に、それぞれにとっての素敵な図書館と出会ってもらえるように、図書館が提供するサービスをもっと豊かで多様なものにしていかなければなりません。そしてそれは図書館で働く司書の使命だとも言えるでしょう。

 

このような大きな広がりや可能性があるのが、図書館で働く職員の一番の魅力にもなるのです。