図書館の自由

図書館は、読書という人間の内面に深く関わる行為の援助をする機関であり、本を読む人の心を大事にしなければいけないということを忘れてはいけません。

 

本はテレビなどのマスメディアと違って、多種多様な表現が可能であるという特性があります。例えば、ある人達にとっては歓迎できないような内容でも、出版物として世に出回ることは決して珍しい話ではありません。

 

またどんな本が読みたいのか?人々のニーズも非常に多様化しています。そのような本と人を結びつけ、架け橋としての役割を果たすことが図書館や図書館で働く図書館司書には求められています。

 

上記で述べたような内容を図書館協会では、「図書館に関する宣言」として示しています。

 

図書館に関する宣言

図書館は、基本的人権の一つとして知る自由を持つ国民に、資料と施設を提供することを、もっとも重要な任務とする。この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。

 

1,図書館は資料収集の自由を有する
2,図書館は資料提供の自由を有する
3,図書館は利用者の秘密を守る
4,図書館はすべての検閲に反対する

 

図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。
(1954年採択、1979年改訂)

 

上記のような内容ではっきりと明示されています。これは法的な拘束力を持った文章ではないですが、図書館が図書館としての役割を果たしていくうえで、とても重要な意味を持っています。

 

図書館、また図書館で働く司書達が社会の中での図書館の位置づけを明確にし、実践していくべき規範として社会に誓約したものだと言えるでしょう。

 

利用者のプライバシー

他にも利用者がどんな本を図書館で借りているのかといったことや、特定できる住所や連絡先などは利用者のプライバシーに属していますから、絶対に第三者に漏れないよう司書は厳重に管理しなければなりません。

 

資料の貸し出し、予約カードの処理、カウンターでの応対、延滞資料の催促の際など、プライバシーについてはしっかりと認識した上で業務にあたる必要があるでしょう。

 

また、図書館で所蔵する資料をめぐって様々なトラブルが生じているケースがあります。「ちびくろサンボ」と差別の問題、「完全自殺マニュアル」を図書館に置くべきどうかといった議論が起こっているのです。

 

近年、様々な種類の本が出版されていることを考えると、当然のことだとも言えるでしょう。こうした資料を扱っていかなければならない図書館司書は、利用者の求めている情報が何なのかを第一に考え、誰もが気持ち良く利用できる図書館を創っていくことが求められているのです。