図書館発展のプロセス

 

ここでは、図書館がどういったプロセスを経て、今に至るまで発展してきたのかを簡単に説明していきたいと思います。

 

1970年代以降、日本の図書館は飛躍的に発展してきました。このプロセスの背景には、図書館司書や館長・地方自治体・図書館を利用する市民の積極的な「図書館づくり運動」などの活動がありました。

 

1970年頃の日本では、図書館の数は今と比べると圧倒的に少なく、市民の身近な存在だとはけっして言えないものでした。そこで図書館が近くにない地方に住む市民などが、図書館を求めて運動を起こしたのです。

 

この「図書館づくり運動」によって設置された図書館も全国ではいくつもあります。また図書館ができても、そのサービスや資料(本・雑誌・新聞など)の充実、専門職員すなわち司書の採用を求めて、たくさんの運動がおこなわれました。

 

例え図書館がつくられても、専門職員の採用、とりわけ館長に司書有資格者を配置することはとても重要な意味がありました。なぜならば、図書館の最高責任者である館長が中心になって、綿密に利用者のためのサービス計画を打ちたて、それを実行に移していかなければ、よりよい図書館は生まれてこないからです。

 

実際に、今でもよりよい図書館の館長は有資格者であり、本当に図書館に対して熱い思いを持った人が多いことが特徴です。

 

他にも市民が求める図書館をつくるにあたって重要な要素には、このような活動にしっかりと耳を傾け、意見を反映させる地方自治体やその職員の協力やサポートは必要不可欠であるといえるでしょう。