本のスペシャリスト・図書館司書

本に関する広い知識が不可欠

 

司書として働く以上スペシャリストを目指すのは、他の職種同様、当然のことだといえるでしょう。図書館という施設を担当するプロであり、本についてのスペシャリストであるということが専門職として忘れてはいけないことだし、他の職種に代わりがいないということなのです。

 

しかし、中には本についての知識が足りない司書が存在するのも紛れもない事実です。また中には長年司書として働いていても、「どうして自分は、こんなに知らないのか」と自分を責め悔しい思いをしている人もいるでしょう。利用者から「ケイコクシュウはありますか?」と尋ねられ、「経国集」という言葉がパッと頭に思い浮かばなかったり・・・もちろんコンピュータを活用して検索することも可能ですが、利用者の言葉をそれぞれの分野に当てはめ、キーワードを把握し適切に回答するには司書1人ひとりの知識量に関わる問題なのです。

 

「本居長居について詳しく知りたい」「〇〇ジャンルの小説を探している」と利用者から尋ねられたら、あなたならどのように答えるでしょうか?きっと利用者の信頼は、司書が本についてどのくらい知っているかによって決定してくるでしょう。

 

裏を返せば新任の司書がカウンターでレファレンス業務を行う際も、過去の読書量に委ねられると言ってもよいでしょう。もちろん時間に限りもありますから、世の中で出版されている全ての書籍を網羅することは不可能ですが、1冊でも多くの本を読み、本についての知識を深めることが司書にとって、仕事の一部となるのです。ですから、分野を問わず意識的に広く深く読書をおこなうことはとても大切だ言えるでしょう。

 

それが苦痛や義務だと感じてしまうのであれば、もしかしたら司書に向いてないのかもしれません。図書館司書は本と人を結ぶ架け橋という存在であるから、実際に本を読む必要がないと考えるのは、きっと現場を知らない人の意見だと思います。

 

そして図書館を運営していくのだから、図書館のあり方やサービスについてのみ理解しようと考えるのであれば、きっと図書館学の研究者になる道を選択すべきではないでしょうか。

 

司書として働くための基礎

 

本についての深い知識を日々積み重ねていくことが、司書のスペシャリストを目指す基礎だと言えるでしょう。その知識が欠けていれば、いくら図書館学や選書論を口にした所で、基礎工事が疎かになっている高層ビルと同じで、いずれ崩れてしまうでしょう。

 

本についての豊かな知識があって初めて、本を利用者に提供する喜びや、どのように扱えば本の輝きが増すのか、そのためには図書館の運営をどのように行なっていくべきか、といった大きな課題についても考えることができるようになるのです。

 

基礎という話に触れましたので、さらに応用を付け加えていくのであれば、司書として必要な図書館学の知識を机上論だけでなく実践において柔軟に発揮していく能力だと思います。具体的には読書や言論の自由、プライバシー保護、サービス論や選書論を現場と関係ない所で論じたり発信している人もいますが、一般の利用者に理解して貰ってはじめてそれは意味を持つものだと考えます。

 

上記で述べたような能力を発揮するには、もちろんその人自身の人間性に関わってくるものであり、模範もなければマニュアルも存在しません。そういった意味では、司書は自らの手で道を切り開く高い意識を持って、図書館のパイオニアのような存在でいなければいけないのです。