図書館司書の豆知識記事一覧

ここでは、図書館がどういったプロセスを経て、今に至るまで発展してきたのかを簡単に説明していきたいと思います。1970年代以降、日本の図書館は飛躍的に発展してきました。このプロセスの背景には、図書館司書や館長・地方自治体・図書館を利用する市民の積極的な「図書館づくり運動」などの活動がありました。197...

市民による「図書館づくり運動」などによってその声が自治体に反映され、議会で図書館設置や予算が決定されると、はじめて図書館づくりが開始されます。今となっては、図書館の設計に関して詳しい理解のある設計士・建築家がたくさんおりますが、1970年頃、ちょうど図書館づくりが普及し始めた頃は、そういった人達はほ...

図書館は、読書という人間の内面に深く関わる行為の援助をする機関であり、本を読む人の心を大事にしなければいけないということを忘れてはいけません。本はテレビなどのマスメディアと違って、多種多様な表現が可能であるという特性があります。例えば、ある人達にとっては歓迎できないような内容でも、出版物として世に出...

近年のコンピュータやインターネットを中心とした情報ネットワークの急速な進歩は目覚しく、図書館に与える影響も例外ではありません。同一自治体内での情報共有はもちろん、いわゆる図書館同士、公共図書館、大学図書館、国立国会図書館などの間でのネットワークの構築や、国内を飛び越えて世界的な規模で資料や情報の共有...

日本に図書館が誕生してから、さまざまな改良・改善を重ね現在の図書館制度ができあがりました。これは図書館に人々が何を求めているのかという利用者の要望の中から形成されてきたといっても過言ではありません。各地でたくさんの住民によって、図書館づくり運動が展開されてきた背景が、そのことをを物語っているとも言え...

図書館や司書という仕事にどのような印象を持っているでしょうか?中には司書がおこなう仕事について少し地味なイメージをお持ちの人も中にはいるのではないでしょうか。もちろん司書を目指す人の中には本を読むことが好きで、目指すことを決心した方も多いでしょう。人々の「知りたい」「学びたい」という希望に対して適切...

図書館司書のイメージ行政からも、実際に利用する市民からも、図書館司書自身も、専門的技能を持ったプロフェッショナルでありたいと願うのは当然のことです。しかし、司書という職業柄なかなかそのようなイメージを持たれ難いといった特徴があるのも、また否定できない事実です。司書養成といった観点から見ても、日本にお...

本に関する広い知識が不可欠司書として働く以上スペシャリストを目指すのは、他の職種同様、当然のことだといえるでしょう。図書館という施設を担当するプロであり、本についてのスペシャリストであるということが専門職として忘れてはいけないことだし、他の職種に代わりがいないということなのです。しかし、中には本につ...

図書館司書に求められること図書館司書になり働いていく上で、とても嬉しい事と言えば利用者から「◯◯市の図書館を訪れてみて、とても驚きました。図書館にいる職員さんがとても親切に接してくれました。こんな経験は初めてでしたね。」といった旨の投書を貰ったり、「いつもありがとう」といった何気ないけど温かい言葉を...

公務員が働く役所の目的は、住民が健康的で文化的な生活を営むための共同事務を遂行することです。ですから、公務員はこの目的を達成するために、さまざまな仕事に従事しています。書記事務といわれる一般的な事務仕事から、保育・福祉・障害者や高齢者のケア・社会教育から学校教育まで多岐に渡ると言えるでしょう。自治体...

図書館の責務と倫理「図書館司書の自由に関する宣言」は、図書館の任務や責務について、基本的人権である「知る権利」を持つ国民に資料と施設を提供することが述べられています。この社会的責任を遂行するための職責を図書館司書は背負っていると言ってもよいでしょう。図書館司書は、自律的規範として「図書館員の倫理綱領...

司書の6〜7割が女性図書館は女性職員が多い職場、多くなりつつある職場だと言っても良いでしょう。司書の6〜7割が女性といった施設も珍しくありません。しかし図書館特有の肉体労働や不規則勤務は、女性にとって決して働きやすい職場とはいえないというのも事実です。職場環境の整備を進めていくことが課題となっている...

司書職制度の浸透度図書館法では、図書館司書を専門職員として位置づけ、資格保有者を配置すると定めています。しかしまだまだ制度化されている自治体も少なく、「司書職制度」とはいえない実態があるのも事実です。司書有資格者の配置には以下の3つの方法があります。@司書有資格者を対象とした採用試験の実施と、職種名...

公務員試験の名称は、試験実施団体によって異なっており、「T種・U種・V種」「上級・中級・初級」「T類・U類・V類」「大卒程度・短大卒程度・高卒程度」など様々です。名称とレベルの関係は、「T種・上級・T類」が、大学卒業程度の試験で、幹部候補となる職員の採用が中心。「U種・中級・V類」が、短大大学卒業程...

公務員業界での職種とは、採用後に従事する仕事の大枠の種別のことになります。職種は大きく、事務系職種・技術系職種・資格、免許系職種・技能系、現業系職種・公安系職種に分類されます。これらの職種に応じて採用試験の内容も異なってくる訳ですが、職種を試験の枠組に従い分類したものが「試験区分」と言われるものです...

「図書館司書は諦めた方がいい。資格を取っても、就職先はないよ」。大学で、必修とは別に、図書館司書の資格が取れる講座があることを知り、父に受講希望を伝えた時に返ってきた言葉です。父の言葉には、少なからぬショックを受けました。地方公務員をしている父ですから、公立図書館の現状を知っていました。「近くの図書...

私が通信講座によって図書館司書の資格を取得した時は、すでに30代後半でした。大卒なら、科目履修だけで資格取得が可能と知り、聖徳大学短期大学部・通信教育部に入学したのです。企業の広報部に勤務していた20代の私が図書館司書の仕事を知ったのは、企業内図書館の図書館司書による、的確できめ細かいレファレンスに...

私は、小学校の教諭です。学校図書館司書教諭を目指して、近畿大学の「学校図書館司書教諭コース」を受講し、資格の取得を目指しています。取得の理由は、毎日毎日、校内の図書室を見るにつけ、子どもたちの将来が心配になってきたことからです。これまで図書室で、昼休みや放課後に活動していた同僚の図書館教諭は、昨年度...