図書館司書資格とは?

資格と職名の違いを理解しよう

図書館の見える場所で書籍を扱っているスタッフは、ほぼ司書と言えます。しかし、そのスタッフ全員が、必ずしも図書館司書資格の所有者とは限りません。

 

実は、日本では司書資格がなくても司書の仕事を務めることが可能であり、税理士のように有資格者だけの独占業務とはなっていないのです。

 

司書資格がないスタッフが、たまたま図書館に配属されて、職名として司書を名乗るケースも見られます。この場合は、自他共に司書と認識しているものの、法律上で定義された司書ではありません。

 

図書館で司書の仕事を行うことは、公共の福祉という側面が強く、無資格者であっても職場で役に立つなら問題ないという認識です。

 

文部科学省が認定している国家資格

図書館司書資格は、文部科学省が認定している国家資格です。

 

誰でも利用できる図書館は、まさにお金をかけずに教養を得られる学びの場であり、意欲さえあれば分け隔てなく受け入れてくれます。したがって、その図書館で働くスタッフには、本の手入れや分類など、様々な専門知識が要求されるのです。

 

利用者にとって便利な環境を整え、維持していく為には、法律等を熟知した司書の存在が欠かせません。図書館によっては希少本も扱うので、私立の図書館であっても図書館司書資格を有することが応募条件という事例はよくあります。

 

司書資格は、日本で司書になりたい方にとって必須の資格と言っても過言ではありません。

 

日本は司書資格を取得しやすい

日本は、比較的教育水準が高い国であり、義務教育である中学卒業までに一通りの知識を学べます。

 

ゆえに、図書館に対する市民の認識があまり高くなく、そこに勤める司書についても資格の有無にこだわっていません。

 

海外では、司書に関する専門教育を受けた大学院卒でなければ、司書の有資格者になれないケースもあります。

 

貧富の差がハッキリしてきたとはいえ、まだまだ日本では図書館の蔵書で自ら学ぶ段階までは進行していないのが現状です。

 

物流が発達していて、最短で注文日の翌日には届くネットワークが張り巡らされていることと、日本の書籍は持ち運びやすいコンパクトなサイズである点も影響しています。