図書館司書ってどういう仕事?

知られていない仕事内容

 

図書館司書といえば図書館のカウンター業務で貸し出しを行っている人、というのが多くの人のイメージでしょう。しかしそれ以外の仕事内容となるとすぐに挙げられない人が多いのではないでしょうか。

 

図書館司書は図書館運営の全般に関わる仕事です。

 

その図書館にどのような蔵書があるか、来館者がスムーズに利用できるか、またどのようなイベントや企画が行われているかなどは図書館司書が担っているといっても過言ではありません。

 

具体的な仕事とは

 

もっとも重要な仕事となるのはやはり書籍の「選定」と「発注」でしょう。どういった本が図書館の蔵書として相応しいのか選択した上で出版社に発注することになります。

 

とくに近年では価値観の多様化、書籍のジャンルの細分化が進んでいるため、幅広い年代層を満足させる蔵書を用意する必要があります。

 

ベストセラー小説から文学作品、学術関連の書籍など、万遍なくニーズに応えられる環境を整える必要があるわけです。

 

それから本と親しむ環境を用意すること。公立図書館の司書にとってはこれも重要な仕事です。たとえば子供への読み聞かせ。毎週のように開催している図書館もあります。

 

司書や図書館のスタッフが行うだけでなく、ボランティアと協力して行うケースもありますが、その際にも司書が企画・準備を行うことになります。

 

また、時期に合わせて特定のテーマをもうけ関連書籍を紹介している企画なども司書の仕事です。終戦記念日に戦争をテーマにした書籍が紹介されている様子を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

このように、図書館司書はわたしたちが便利に図書館を利用し、さらに読書の喜びを味わえるような環境づくりを日々行っているのです。

 

通信教育で資格取得を目指すならどこが良い?

図書館司書の資格1

ブラッシュアップ学び

図書館司書の資格2

個別挿入ボタン

実際に資料を請求してみました♪

図書館司書の資格3

個別挿入ボタン