館種ごとの図書館司書の実態

ここでは主に、司書職の専任、専門、正規といった面にクローズアップして、館種ごとの実態をみていこうと思います。まずどの館種でも共通して言えることなのですが、図書館職員独自の給料表というものが存在しません。

 

これは人材確保の上で特別な待遇措置をする必要性を認めていないことの現れだと言えるでしょう。昇進についても一般職員とほぼ同じです。また他の業務に配転することも珍しくありません。

 

これは社会的には司書を専門職種とみなしていても、処遇の上では特別視されていないことを意味しています。また公共図書館も含め、非常勤や臨時職員の多い職種であるとも言えるでしょう。

館種ごとの図書館司書の実態記事一覧

学校図書館は教諭が兼任2011年度の調査によると、初等・中等教育の学校は全国に37532校あり、そのうち小学校は21721校、中学校は10751校、高校は5060校となっています。学校図書館法によって図書館の設置が義務付けられていますので、ほとんど全ての学校に図書館があります。学校図書館のサービス対...

2011年度の文部科学省の調査によると、全国で4年制大学が780校(国立86・公立95・私立599)、短期大学387校となっています。それぞれの学校には当然、図書館が設置されており、総合大学などでは学部や研究所ごとに設置されているケースもあるので、全て含めた図書館数は4年制で1404館、短大で218...

専門図書館の設置数専門図書館と一言で言っても、その中身は様々であり、その実態には大きな違い、格差が存在します。「専門情報機関総覧」(専門図書館図書館協議会が3年ごとに実施している実態調査を元に刊行)によれば、専門図書館数は全国で1700設置されており、その内訳は、国・政府機関が運営している図書館が1...

国立国会図書館の役割日本で最大の図書館であり、国会の立法活動を補助する役割と、国立中央図書館としての役割を持つ国立国会図書館には、2011年時点で890人の職員が働いています。職種は、みな国会職員となります。他にも各省庁、最高裁判所が運営する図書館が存在し、国立国会図書館の支部図書館という名目で運営...