主婦が図書館司書になるには?

司書の資格取得後に派遣登録

司書の資格取得後に派遣登録すれば、主婦でも図書館司書になれます。

 

現在では、不況によって地方の財源が圧迫されていることから、収益に無関係な図書館関連の予算は削減されているのが現実です。

 

それゆえ、採用などにお金と時間がかからず、不要になったらすぐに契約を切れる派遣形態の司書が増加しています。

 

有資格者が多く、低収入になりがちな司書は、これから人生を歩んでいく若者には厳しい側面があります。

 

いっぽう、旦那の収入がメインで、副業程度の感覚で働ける主婦との相性が良いのが特徴です。

 

子育てが終わって再就職した主婦の姿も多く、高齢になっても女性が活躍できる人気の職業となっています。

 

図書館司書は主婦でもなりやすい

大卒であれば、指定の通信講座などで簡単に司書資格を取得できます。

 

高卒の方であっても司書補ならすぐに入手できるとあって、主婦にとってすぐに働ける仕事の一つです。資格取得にかける費用と時間が最小限で済むのは、家計的にも助かります。

 

受験資格に年齢制限はないので、とりあえず資格取得をしておくのも効果的です。

 

ご近所付き合いが得意な方であれば、図書館で働いている司書と知り合って、求人が出そうな時に教えてもらうという裏技もできます。

 

色々な人と接してきた主婦は、現場でも好ましい人材として歓迎されます。有資格者になっておけば、憧れの図書館で颯爽と働けるチャンスを掴めるのです。

 

主婦が司書を務めている事例は多い

司書は、蔵書の並び替えだけではなく、貸出と返却の受付、相談時の応対なども行っています。

 

人によっては男性では威圧感を覚えることもあり、話しかけやすい主婦の需要が大きい業界です。主婦が司書を務めている事例は多く、実際に図書館に行ってみると女性の姿が目立っているのが分かります。

 

スーパーでレジ打ちや品出しをやるぐらいなら、知的な図書館で働きたいと考える主婦は多く見られます。そのため、有資格者になって求人に応募しても、同じことを考えている主婦との激しい競争になるのです。

 

コネで決まる部分も多々あるので、どこかで関係者を見つけて紹介してもらうことも考えておきましょう。