高卒で図書館司書になるには?

司書補の資格取得をする

高卒のままでは、司書の受験資格がありません。したがって、高卒で図書館司書になるには、まずは高卒でもチャレンジできる司書補を取得するのが、スタンダードな方法です。

 

司書を補佐する仕事ではありますが、有資格者として一定年数の勤務を行えば、指定の講習を受けるだけで司書資格を入手できます。

 

司書補の集中講習を受けるだけで取得できるから、正社員になれずにフリーターをしている方にも大きなチャンスができます。

 

図書館に勤務して、実務経験さえ積めば、確実に司書資格へステップアップできるのは大きな魅力です。

 

ただし、現在では大卒の割合が増えてきたこともあって、司書補の講習は限られた場所でしか行っていません。

 

大学などの高等教育機関に通学する

文系の大学に通う学生であれば、司書資格の内容に該当する講義を受け、規定の単位数を満たすだけで司書資格を得られます。

 

とてもイメージが良い資格なので、人文系の学部生の多くがついでに取得しているのが現状です。

 

司書コースがある高等教育機関では、1年程度の短期間で司書資格を得られる可能性があります。

 

司書資格の取得に必要な講義しかないので、時間と費用を最小限にした、密度の濃い学習できる点が大きなメリットです。

 

無資格のままでは書類審査で不利になってしまうので、有資格者になると同時に、一度学生という立場に戻してみましょう。今年卒業する学生になれば、新卒の立場で堂々と就職活動ができます。

 

地方公務員の行政職を受験する

高卒程度を対象とした地方公務員試験を受けるのも、一つの選択肢です。

 

公共図書館の司書は地方公務員の立場となるので、先に地方公務員の行政職になっておきましょう。司書資格を取得後に希望すれば、空きができた時に配属される可能性があります。

 

高校を卒業したばかりのケースでは、高卒向けの地方公務員試験を目指すことも効果的です。

 

元々、司書は公共の為に働く存在であり、志望動機としても似通っています。自分の若さを活かして、大卒や専門卒には真似できない進路を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

ただし、地方公務員の行政職は競争倍率が高く、採用されても図書館司書になれるとは限りません。