最短で図書館司書の資格を取得するには?

専門学校の司書コースに通学する

万人にとって、最短で図書館司書の資格を取得できる方法は、専門学校の司書コースに通学することです。

 

高卒であっても専門卒の学歴にアップデートできますし、多彩な学び方の中から選べるので無理がありません。自ら欲すれば、それに見合うだけの情報を引き出せる環境を入手できる点も大きなメリットです。

 

専門学校によっては、図書館の現場でインターンをするなどのコネもあります。普段馴染みがない図書館という業界に接することで、自分が司書に向いているのかどうかも含めて、貴重な経験ができるのです。

 

学生という立場で自分の将来をじっくり考えられるから、後悔しない人生の選択ができます。

 

大学などの通信講座で学ぶ

一部の短大や大学では、司書になる為の通信講座があります。

 

働きながら司書の仕事などを学べるので、忙しい社会人にも人気の方法です。もっとも、図書館司書資格を取得する為の大学の通信講座では、高卒から大卒になるよりも、大卒が不足している単位だけ取得する形になります。

 

通信制の大学を卒業して、司書資格の取得と同時に大卒になることも選択肢の一つなので、よく考えてから決めましょう。

 

20歳ぐらいの若者であれば、一から育ててもリターンを期待できる年齢である為、大卒になることで応募できる求人数が一気に増加します。

 

司書になる為の要件は、各自の学歴等によって異なるので、公式情報をしっかり確認しておくべきです。

 

大卒などであれば司書講習を受ける

大卒などの最終学歴であるのならば、指定の司書講習を修了するのが最短です。

 

日本における高度な教育機関である大学等を卒業している方は、すでに図書を扱うだけの教養があると判断されます。

 

忙しくて司書講習に参加している時間がない方は、司書になる為の単位だけ科目履修する方法も検討しましょう。

 

昼間に時間がある主婦の方については、予めスケジュールを空けておき、集中的に実施される司書講習を受けることをお勧めします。自宅で学習するより確実に資格取得できるので、途中で投げ出してしまう事態を防げます。

 

自分の最終学歴によって最短ルートが変わることを理解して、自分に合ったルートを選択しましょう。