図書館司書になるには?

司書資格を取得するのが一般的

図書館司書は、図書館の蔵書全般を管理する役割を担っており、書籍に関するスペシャリストです。

 

その仕事は多岐にわたっており、図書の整理整頓から利用者に喜ばれる企画の提案まで行っています。

 

国民の教養向上と専門知識の習得に欠かせない公共施設とあって、文部科学省が直々に司書資格を認定しているのです。

 

数々の蔵書は大切な財産であり、適切な管理をしなければすぐに傷んでしまう上に、どこに何があるのかが分からなくなってしまいます。

 

ゆえに、国家資格を有する司書が、現場責任者として最低一人配置されるのが一般的です。

 

国家資格である司書を取得することが、図書館司書になる為の第一歩となっています。

 

図書館には司書が必要不可欠

日本の司書資格は、公共図書館に関して定めている図書館法の中で定義されています。

 

そのため、私立の図書館においては、必ずしも図書資格があることを問われるとは限りません。ですが、教員免許と同じく、無資格者より有資格者が優遇される傾向にあります。

 

図書館に司書が必要不可欠なことは変わらないので、図書館勤務を希望するのならば早めに資格を取得しておくべきです。

 

日本の司書資格は取得が容易で、文系の大卒では並行して取得している方が大勢います。

 

司書の役割は、図書館に通ったことがある方ならば、簡単にイメージできます。だから、小さい頃から司書になりたいと思っているケースもよく見られます。

 

有資格者になったら就職活動を

司書の有資格者になったら、次に就職活動を行う必要があります。図書館は公共施設だから、それを運営している団体や地方自治体に採用してもらうことが必要なのです。

 

資格取得がゴールではないので、どのように就職活動を行うのかも考えておくことをお勧めします。

 

大学などで勉強しているのならば、就職課に相談してみるのも有効です。社会人については、司書になる為の講座を受講するのが一般的だから、修了前に質問してみると生の情報を得られます。

 

主に地方自治体に対する就職活動になるので、しっかり対策を練っておきましょう。