図書館司書のメリット

資格を取得するメリット

 

図書館司書になるためには所定の単位を習得する必要があります。大学生活の中ですべてを習得するとなると、かなり多くの単位を履修する必要が出てきます。

 

また司書講習で短期間で取得しようとなるとかなりハードな日程での受講が必要です。そこまでして取得した資格にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

最大のメリットは安定した雇用環境を得ることができる、という点でしょう。全国どんな市町村にも必ず図書館があります。

 

そして図書館がある限り必ず図書館司書が必要となるのです。この資格さえ持っていれば常に仕事先を見つけることができます。

 

もちろん、求人の数は限られていますから、いつでも募集が行われているわけではありませんが、専門的なぶん、資格が就職・転職に大きく役立つ点はやはりメリットとなると思います。

 

安定した環境で働ける

 

安定した就業環境も図書館司書のメリットといえるでしょう。役所同様、図書館もつぶれることはまず考えられません。

 

その自治体の状況による統廃合こそありますが、リストラや倒産といった不安をほとんど感じる必要はないといってよいでしょう。

 

公務員の場合、働く環境が厳しくなったり、世間の目が厳しくなるといった向かい風と直面するケースも多いですが、図書館司書の場合はそういった問題を抱えることもありません。

 

安定だけでなく、落ち着いた環境で働ける環境とも言えます。このように、図書館司書にはさまざまなメリットがあります。

 

本が好きな人にとっては非常に魅力的な資格・仕事といえるのではないでしょうか。

 

通信教育で資格取得を目指すならどこが良い?

図書館司書の資格1

ブラッシュアップ学び

図書館司書の資格2

個別挿入ボタン

実際に資料を請求してみました♪

図書館司書の資格3

個別挿入ボタン