図書館司書の資格を取得するには?

司書補から司書へのルートを辿る

高卒でも取得できる司書補は、すぐに図書館で働きたい方に向いています。

 

無資格で司書の求人に応募しても書類審査ではねられてしまうので、まずは司書補の資格取得を目指しましょう。

 

司書補の講習を修了するだけで有資格者となれますが、開催される場所と日時が限定されているので、早めに行動する必要があります。

 

司書補として図書館で3年ほど勤務すれば、司書講習を修了することで司書になれます。このルートのメリットは、若いうちに図書館で勤務することで実務経験を積めることです。

 

司書補の資格を取得しておいて、図書館関連の仕事に就き、配置転換で司書になるチャンスをうかがうのも良いでしょう。

 

専門学校を卒業して司書になる

図書館司書資格の取得としては、専門学校の卒業と司書講習の組み合わせもあります。

 

大学ほどの学費と時間がかからず、社会人であっても働きながら資格取得できる仕組みとなっています。高卒の学歴しかなくて司書資格を直接狙えない方であっても、専門卒となれば大丈夫です。

 

司書の求人に関する情報も得られるので、他に仲間がいない社会人にとってはお金を払うだけの価値があります。

 

専門学校によっては、派遣会社のグループ企業となっているので、その場合はわざわざ派遣会社の説明会に参加しなくても登録できます。

 

日本の主要都市か、その近辺に住んでいる方であれば、専門学校を卒業して司書になる方法もお勧めです。

 

大学で司書の単位を規定数取得する

現在、大学生として通学している方については、大学で司書の単位を規定数取得することで資格取得となります。

 

別途講義を受けるだけの余裕がない方は、通信制の大学などで履修することで可能です。ただし、司書の単位として認められるものでなければ、いくら単位を取っても意味がありません。

 

大卒の方については、司書講習を修了することでも資格取得を果たせます。しかし、司書としての就職活動は自分で一から行うしかないので、情報収集の面で不利になってしまう恐れがあるのです。

 

現役の大学生であるのならば、地方公務員を受験することから、大学の図書館勤務を狙うことまで幅広い選択肢があります。