図書館司書の1日のスケジュール

全体的に書店の店員に似ている

図書館司書は、全体的に書店の店員に似たスケジュールとなります。

 

ただし、書籍を販売する代わりに貸出と返却業務があり、さらに館内での閲覧は原則自由になっている点が異なっています。司書が管理している閉架書庫などについては、申し出があった時点で対応する仕組みです。

 

開館前に全体ミーティングと新聞等の差し替えを行い、利用者を迎え入れる準備を完了させます。

 

そして、開館したらカウンター担当者が返却と貸出を進めつつ、それ以外の人員が図書館全体の書籍メンテをテキパキと行うのです。

 

閉館時刻になったら、出しっぱなしの書籍の片付けなどを手早く行い、次回の開館日に備えてから帰宅します。

 

終業時間帯は閉館時刻による

終業時間帯は、その図書館の閉館時刻によります。

 

夜9時ぐらいまで開いている図書館であれば、閉館してから残務処理を行うしかありません。もっとも、閉館後に長時間の残業をするケースは、他の業種に比べて少なめです。

 

図書館司書に主婦が多い理由は、あまり夜遅くまで仕事をしなくて良い点にあります。夫の給与で生活できる主婦にとっては、夕飯の支度を始めなければいけない夕方ぐらいで終われることは大きな魅力です。

 

図書館司書は、図書館の開館時間帯を中心に勤務するので、不規則な時間帯に勤務することがなく、健康的な生活を送れます。

 

なお、公共図書館では、利用者に便宜を図る為に土日祝日の勤務もあります。

 

図書館司書はサービス業

図書館司書はサービス業であり、倉庫内のようにただ黙々と図書の整理と管理をしていれば良いわけではありません。

 

自分の担当分野についてイベント企画をする、あるいは、聞かれた時に丁寧に応対することも業務の内に入ります。

 

貸出などを受け付けるカウンターには、常に一人を配置しなければならず、基本的に持ち回りで行っています。

 

当然、利用者からの要望は、カウンター外で図書の整理を行っているスタッフの仕事になるのです。

 

たとえば、学校図書館では、授業での利用も多く、生徒を引率する教師との連携も必須になります。試験期間中は勉強の場としても賑わうので、時にはトラブルの仲裁が必要な場面も見られます。