図書館司書の通信教育【学校選びのポイント】

図書館司書とは?

図書館司書は、公共図書館・大学図書館・企業の資料室などで、本や資料の選書・発注・分類整理・保管・貸出業務などをおこなう専門職員です。

 

他にも、図書館利用者が探している本や資料を、司書が検索し提供する「レファレンス業務」、図書館で定期的に開催する「イベント企画」、主に子供達に本を読んで聞かせる「読み聞かせ」など、担当する仕事は幅広いのが特徴です。

 

大好きな本に囲まれて仕事ができる喜びはもちろん、利用者さんの相談に乗ったり、おすすめの本を紹介したり…その結果、利用者さんに感謝の言葉を頂いたり、少ない情報の中から目当ての本を見つけることができた時など、大きなやりがいを感じられるお仕事です。

 

図書館司書になるためには、大学・短大で規定の単位を履修し、国家資格を取得する必要があります。

 

資格を取得する方法

図書館司書の資格を取得するためには、以下4つの方法があります。

 

@大学で図書館司書課程を選択する
大学で図書館司書課程を選択し、必要な単位を取得する最も一般的な方法です。

 

A通信教育で単位を取得する
自宅で学べる通信教育と、年に数回実施されるスクーリングを利用して単位を取得する方法です。社会人や、大学に図書館司書課程の無い学生に人気の方法です。

 

B別の仕事をしながら夜間制の大学で単位を取得する
「図書館司書以外の資格を取得したい」「大学に図書館司書課程が無い」「通信教育のスクーリングが受講できない」といった方におすすめの方法です。

 

C司書補から図書館司書になる
3年以上、司書補として勤務し、その経験によって司書資格を取得する方法です。しかしながら、現在、司書補の募集はほとんど行われておらず、あまり現実的とは言えません。

 

自分に合った取得方法を選択する

高校生以下で、これから大学へ進学する学生さんであれば@の方法が最も一般的な方法になりますが、現在、他の仕事をしながら図書館司書を目指す社会人の方にとって、また一から大学へ入学して資格を取得するのは、いくらやる気があると言っても、正直難しいと思います。

 

ですので、社会人の方であれば、AもしくはBの方法のどちらかを選択すると良いでしょう。

 

Aの場合、自宅で学べる通信講座以外にも、実際に学校に通い講義を受けるスクーリングを取り入れている所が大半なので、どうしても通学が難しい方はBの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

 

例え社会人であっても、誰でも司書資格を取得することはできます。自分のライフスタイルに合った、無理なく学べる方法を選択することが大切なのです。

 

資格を取得するならどこが良い?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」を活用すれば、全国で開講されている司書課程を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。いちいち検索する手間が省け、送付先を何度も入力する必要がありません。大学によって料金・カリキュラム・サポート体制などが異なります。必ず資料を取り寄せ比較して、自分に合った学校を選びましょう。

詳しくはこちらボタン

 

学校を選ぶ際、注意すべき5つのポイント

ライフスタイルに合った学び方を選択する

別の仕事を続けながら、資格の取得を目指す方は、「通信講座で取得するのか?」「夜間通学をして取得するのか?」自分のライフスタイルと照らし合わせ、よく検討してみましょう。

 

中には、e-ラーニング(Web講義やWeb受験)を活用することで、自宅学習のみで資格取得が可能な学校もあります。後々後悔しないためにも、必ず複数の学校の資料を取り寄せ比較することが大切です。

 

費用のみで選ばない

司書の講座は様々な大学で開講されていますが、カリキュラムの内容・学習期間・振替、補講といったサポート体制の充実度・修了後の就業支援の有無など、講座によってそれぞれ異なります。

 

単純に費用の安さのみを比較するのではなく、トータル的にみて「自分に1番合った学び方ができる学校はどこか?」という視点で選ぶことが大切です。

 

教育訓練給付制度に対応しているか

教育訓練給付制度とは、修了後に、国が学費の20%を負担してくれる補助金制度です。厚生労働省が認定した講座のみが対象となり、対応している学校と非対応の学校があります。事前に確認しておくことをおすすめします。

 

講師プロフィールを確認する

講座を担当する教授の実績や、考え方などは事前に確認しておきましょう。そうすることで、受講後にギャップを感じることも無く、スムーズに学習を進めていけます。

 

各学校の無料資料には、講師のプロフィールはもちろん、講座を修了した先輩の声、実際に現場で働く司書のインタビュー記事なども豊富に掲載してあります。見ているだけでも良い刺激になりますし、資料をパラパラと眺めているだけでも新しい発見があって楽しいです。

 

実際に訪問をしてみる

夜間通学を希望する方はもちろん、通信講座であっても、一部スクーリング制度(実際に学校に通い講義を受ける)を採用している学校がほとんどです。

 

申し込む前に必ず学校を訪問し、無料説明会や体験授業などを受けてみることをおすすめします。Webや紙面で確認することのできない、授業の雰囲気や空気感を体感することができます。

 

全てのスクールを訪問するのは大変ですので、まずは全ての学校の資料を請求、2つ3つピックアップしたうえで訪問してみると良いでしょう。

 

実際に資料を請求してみました♪

図書館司書講座の資料

スクール専門サイト「ブラッシュアップ学び」を活用し、全国で開講されている図書館司書講座の資料を一括で取り寄せてみました。

 

まとめて請求できるので、いちいち自分で学校を調べる必要が無いし、1回1回資料の送付先情報を入力する手間が無いのも嬉しいです。

 

請求後2,3日で、「近畿大学」「近大姫路大学」「帝京平成大学」などの司書講座を開講している主要な大学のパンフレットが自宅に届きました。

 

学校選びで失敗しないためのポイントは、まずは1つ1つパンフレットの中身を確認して、@学習スタイルAカリキュラムの内容B費用C教育訓練給付制度D講師プロフィール等を念入りにチェック、興味の湧いた学校があれば申し込む前に必ず訪問してみることです。

 

少々面倒に感じられるかもしれませんが、後々「こんなはずじゃなかった…」と後悔することがないよう、しっかり比較検討したうえで申し込みましょう。

 

詳しくはこちらボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

図書館司書にとって欠かせない業務「レファレンス」とは、図書館利用者が学習・研究・調査を目的として必要な情報・資料などを求めた際に、図書館員が情報そのものあるいはそのために必要とされる資料を検索・提供・回答することによってこれを助ける業務である。ここ数年で、図書館司書を取り巻く環境は、めまぐるしく変化しています。インターネットもその1つだといえるでしょう。現在、どこの図書館にいっても必ずといっていいほど「インターネットサービス」が導入されています。数年前までは、利用者にとって図書館がインターネットを提供する機関だという認識はとても低くく、インターネットサービスを導入しているは図書館も全体の10%ほどにも満たなかったことを考えると、驚くべき普及率だと考えられます。インターネット導入初期の頃に公立の図書館や博物館で問題となったのは、インターネットは接続・通信料に費用がかかるので、新たなサービスとして取り入れるに辺り、その費用は誰が負担をするかということ、ネット上の情報は正確性に欠けるものも多く、公共の図書館で扱うことに疑問の声があがったことなどがあげられます。通信費用については、「図書館法」により図書館は無料公開が原則となっていますので、利用者にその料金を負担させることはできません。ですが、これは今となって考えるととても小さな問題だと思えます。インターネットの通信費用は月額にしても数千円程度ですわずかなものですし、今後はもっと安くなる可能性も考えられます。パソコンの設置など多少の初期費用はかかるかもしれませんが、利用者が負担するほどの料金にはならないからです。さらには、図書館施設だけでなく、社会人が別の仕事に就きながら、資格を取得する図書館司書 通信教育においても、インターネットの存在は欠かせません。一般の学生のように大学に毎日通うことなく、自宅で学習、年数回のスクーリング・実習を受講すれば、図書館司書を目指せる道もあるのです。また、ネットの情報には正確性に欠ける不確かな情報があるのも否めませんが、それ以上に有益・有用な情報があるのも事実ですし、さまざまな情報を提供するのが図書館の役目であり使命だと考るならば、インターネットの導入・普及は自然な流れであったといえるでしょう。図書館だけでなく、博物館や美術館でも同じ時期に急速にインターネットが普及していきました。博物館・美術館で働く学芸員の仕事の一つである、作品や資料の調査・研究にもインターネットの利用は不可欠であるといえるでしょう。ITの導入によって変化したのは図書館が扱う資料や博物館の調査や研究だけではありません。司書・学芸員の仕事も格段に効率化されました。図書館利用者のデータ管理や識別、データ管理・整理はもちろん、情報検索に威力を発揮しています。一昔前は、このようなコンピュータを使ったデータベース検索は一部の大学図書館や専門図書館でしか導入されていませんでしたが、近年公共図書館・公共博物館を含めた、ほぼすべての図書館・博物館で有効的に活用されているのです。これから司書資格を習得し、図書館職員として働きたいのであれば、こうした時代の流れを敏感に察知し、利用者にとって有用な情報媒体を積極的に取り入れていこうとする、柔軟さや社会のニーズを嗅ぎ分ける能力が求められるでしょう。

 

更新履歴